学生・共同研究者募集

■当研究室を志望する学生の皆様へ



当研究室では、機械学習・データマイニングの理論研究、実践応用研究のいずれも研究することができます。



理論研究では、「機械はどこまで賢くなれるのか?」についての数学的な理論を構築し、人類の英知に貢献することを目指します。流行りのアルゴリズムや概念を追っかけたい人には向きません。学習やマイニングの本質をとことん考えて新しい概念を作りたい人は、ぜひ当方の研究室で理論研究を志してください。ただし、理論は机上のものに留めず、実データを用いて有効性を検証することを必須としています。



実践応用研究では、現実のデータを用いて、実際の応用領域で価値を生みだすための研究を行います。最近の応用範囲は、マーケティング、広告、教育、SNS, 生命科学、セキュリティ等に渡っています。各分野で現場のエキスパートと議論しながら、顧客視点で価値ある知識発見を目指します。そこでは、既存の技術を適用して終わりではなく、独自の基盤技術を築いた上でデータ解析に臨んでもらいます。当研究室は企業や他部門との連携関係も幅広く、いろんな業界の様々なデータに触れることができます。基礎技術を現実に活かしたいという希望をもつ人はぜひ当研究室で実践応用研究を志してください。



理論研究、実践応用研究のいずれの場合でも、当研究室では十分な数理的基礎力が要求されます。特に、解析、線形代数、確率、統計、情報理論、計算機科学については十分理解していることを前提として研究を進めます。例えば、「EMアルゴリズム」,「中心極限定理」,「主成分分析」,「特異値分解」「回帰分析」などは当研究室では常識として見なされ、熟知していることを大前提として研究を進めます。その上でプログラミングスキルもあることが望まれます。

大学院生の就職先は、官公庁、金融、広告、電機メーカー、IT企業、サービス、コンサル等に及んでいます。

山西研究室へ入るには、東京大学大学院情報理工学系研究科創造情報学専攻と同研究科数理情報学専攻の2つの入り口があります。それぞれで入学後のカリキュラムが大きく異なりますので、よく調査の上志願してください。



研究室見学、進学相談は随時受け付けます。お気軽に

山西教授 yamanishi@mist または

松島助教 shin_matsushima@mist

木脇特任助教 kiwaki@mist

にご相談ください。( .i.u-tokyo.ac.jpをさらに続けてください)

 6/7  入試説明会資料はこちら:山西研究室入試説明会資料

 

 

■特任研究員の応募について



JST-CRESTの「複雑データからのディープナレッジの発見と価値化」を遂行するにあたって特任研究員を募集しています。募集要項はこちらをご覧ください。

 



■共同研究に興味をお持ちの企業の方へ





当研究室では、民間企業様との共同研究を歓迎します。



・現実にビッグデータを抱え、いかにしたらこれを情報資産に変えることができるかを悩んでいる企業の方。

・ビッグデータを活用して何をやりたいのかは明確だが、その方法がわからず途方に暮れている企業の方。

・ビッグデータの分析をしたものの、いまひとつ深い知識が得られない、性能が足りないと感じている企業の方。

複雑データからのディープナレッジの発見」を追求する当研究室と共同で研究できる可能性があるかもしれません。具体的な共同研究のあり方としては、分析受託、共同によるデータ分析、派遣人材の教育指導、コンサルティング など様々な形態があります。当研究室では、これまでも多くの企業や公共機関との共同研究の実績を築き、その成果は数多くの学会などで発表してきました。

当研究室との共同研究に興味のある方は先ずは、山西yamanishi@mist

までご一報ください。

PageTop